ここだけの結婚指輪の情報サプリ

カタログの良いところは印刷物で切り取ってスクラップブックにできるところ、結婚指輪の好みもはっきりして依頼の時にも便利

rainbow

結婚指輪の交換と結婚式

あまり知られていないことですが、結婚指輪の交換はキリスト教式だけでなく、神前式でも同様に行われます。

宗教がどうであれ、結婚指輪の交換は行われるんですね。

少し不思議に思うかもしれませんが、そもそも指輪交換はキリスト教の儀式ではなく結婚式の演出の一つなので、どんな宗旨宗派の挙式でも行われているというわけです。

キリスト教式では神父が誓いの言葉を誘導し、指輪を持ってきて交換するという流れになっています。

結婚式に参列したことがない人でも、映画やドラマで多くのシーンを見ているから、子供でも結婚式というと結婚指輪の交換シーンを思い浮かべることができます。

一方神前式では神主や巫女が、仏前式では僧侶がそれぞれ指輪を運んできます。

指輪交換は全て同じスタイルで、お互いがお互いの指輪を持って、相手の薬指にはめてあげます。

順序としては、新郎が最初に新婦の指輪を受け取り、新婦の指にはめます。

次に新婦が新郎の指輪を受け取って、新郎の指にはめるという順番です。

はめる指は左手の薬指で、これも決まっています。

結婚指輪を交換している間は、新郎と新婦は向かい合ってそれぞれの指をとって指輪をはめているわけですが、お互いの交換が終わるといったん牧師や神主、僧侶の方に向き直ります。

向き直ったところで指輪交換は終了です。

結婚式をしないカップルもいれば、結婚指輪も要らない、入籍をしないで事実婚もありという世の中ですから、特に結婚指輪の交換を行わない結婚式があってもいいわけですが、一般的にはどんな結婚式でも指輪の交換はあると考えるのが自然です。

結婚指輪の重要性は結婚式を盛り上げる意味でも大きいのです。

Comments are closed.