ここだけの結婚指輪の情報サプリ

カタログの良いところは印刷物で切り取ってスクラップブックにできるところ、結婚指輪の好みもはっきりして依頼の時にも便利

rainbow

結婚指輪、誰がいくら負担する

新卒の彼からのプロポーズ、あと1年で大学卒業という学生カップルが卒業式の後で行う予定の結婚式、まだまだ若いカップルにとって婚約指輪や結婚指輪の出費は容易ではないもの。

■関連ニュース>>結婚式費用、過去最高を記録 14年度、19万円増352万7000円に – SankeiBiz

特に男性側が予算を負担すると思われがちなブライダルジュエリーは、本当に男性がムリをしてでもすべて支払うべきものなのでしょうか。

経済が停滞していた時期には、バブル期のように高額の宝飾品を購入することも減って、たとえ結婚指輪といっても現実的な予算を組むのが当たり前になっています。

婚約指輪は男性が女性に贈り、女性はお返しとして結婚記念の時計などを結納の際に贈るというのが習慣ですが、それでも高価なリングを購入しなければならないという風潮はなく、身の丈にあったものを選ぶのが一般的でしょう。

結婚指輪に関しては、男性が2人分の負担をするところもあれば、割り勘にするところもあります。

割り勘だと、女性のリングの方が高額な時は、男性が少し多く出すことになって、ちょうど良いという人もいます。

男性の指の大きさや地金の選択などによっては、男性のリングの方が高価になることもありますが、お互いが納得していれば割り勘もいいでしょう。

男性が女性の結婚指輪を買い、女性が男性の分を負担して、お互いが贈り合うというカップルもいるようです。

親世代が結婚式や結婚指輪にこだわりがあり、結婚式の準備や指輪の選択まで先導して仕切ってくれるケースもあります。

この場合お財布は両親ということになります。

親の喜ぶ顔が見たいから結婚式を行うというカップルなら、そういった選択もありでしょう。

親は親戚や周りの人に恥ずかしくない規模の結婚式を行いたいという希望が強くあれば、やはり予算は高額になり若いカップルには負担が大きくなってしまいますから。

2人が納得していれば、結婚指輪はだれがいくら負担するという細かな話ではなくなるということがわかります。

Comments are closed.