ここだけの結婚指輪の情報サプリ

カタログの良いところは印刷物で切り取ってスクラップブックにできるところ、結婚指輪の好みもはっきりして依頼の時にも便利

rainbow

結婚指輪がしょぼい

婚約指輪や結婚指輪には女性特有の思い入れがあるものですよね。

あこがれの海外宝飾店の、セレブが身に着けている人気のデザイン。

雑誌などで目にする度に、私も将来はこのくらい私のことを大事に思ってくれる彼を見つけて、すてきなリングを買ってもらうのだと思って生きてきたという女性は、実際少なくないでしょう。

夢と現実にはギャップがありますから、実際のプロポーズでは、そんなゴージャスなダイヤモンドやプラチナのリングは手に入らないということも。

現実とは恐ろしいものです。

でも自分が男性の立場なら、結婚指輪を借金してでも海外ブランドの高価なものにするというのでは、先の新生活が続きません。

結婚式もありますし、新婚旅行だって行きたいでしょう。

引越しもしないといけない。

場合によっては妊娠、出産のことも考えないといけないし、不動産を購入したいという目標があるかもしれない。

結婚式から先の数年間は、一生のうちでもかなり物入りの期間だと言えるでしょう。

家族を作っていくのですから、その先はお金がかからなくなるということはありませんから。

独身時代のようないい加減な金銭感覚ではやっていけません。

ましてパートナーになる女性が夢を見ている状態のままでは、新生活の出費のコントロールができないままになってしまいます。

もちろん、こうした金銭面に全く心配のないカップルなら、それだけ結婚指輪にもコストをかけられますよね。

身の丈にあった結婚式になるはずです。

彼が小さいダイヤのリングを選んでくれたら、ちょっとショックを受けるかもしれないけれど、2人のこの先数年間を現実的に考えてみましょう。

そこからのスタートでも、また近い将来大きなダイヤモンドのついたリングを買ってもらえるように、2人でがんばろうと思えれば、その結婚はきっと成功です。

Comments are closed.